プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

日替わり寄席 10/6 神田・連雀亭


半分ぐらいの入り。

立川笑二 初天神

団子のなめ方工夫いている。
他にも随所に工夫の跡がある。

笑福亭羽光 私小説落語 青春編パート2

古今亭ちよりん (おばあちゃんの夢)

昔昔亭喜太郎 (寄席のテロリスト)

結構楽しめたね。
今日はたくさん入ったほうらしい。

第400回国立名人会 9/25 国立演芸場



記念の会で豪華メンバー。
発売後10分くらいで売り切れたのではないか?

三遊亭歌むい 狸の恩返し

春風亭一之輔  鈴ヶ森

同じ日に同じ噺を聴くのは初めてかもしれない。
同じ噺を聴くと噺家さんの違いがはっきり分かる。
一之輔さんのほうが柔らかい。
小辰さんも好きだが、きょうは一之輔さんに軍配をあげる。

青空球児・好児  漫才(国定忠治)

大爆笑。
漫才協会会長(球児)。

一龍斎貞水 二度目の清書

円熟の高座。
人間国宝。

仲入り

柳亭市馬 三十石

落語協会会長。
噺の中で唄いまくる。絶好調。

アサダ二世 奇術

とぼけた味がいい。

三遊亭金馬 品川心中

88歳だそうです。
膝が悪いそうですが、
噺のほうは健在です。

早朝寄席 9/25 鈴本演芸場



開場10分前に到着、
20人ほどの列。


古今亭志ん吉 幇間腹

鈴々舎馬るこ 蝦蟇の油

入船亭小辰 鈴ヶ森

三遊亭美るく 佐々木政談

子供は女性がやったほうがかわいい。

素晴らしい企画!

白鳥師匠の大作、流れの豚次伝!
落語、浪曲、講談でリレー
盛況なら続きがあるような気がする。

任侠 流れの豚次伝~落語・講談・浪曲リレー~

日時:11/20(日)18:30開場/19:00開演
会場:内幸町ホール
出演:三遊亭白鳥、神田鯉栄、玉川太福
料金:前売2900円/当日3300円(全席指定)

三遊亭白鳥(落語):第1話「豚次誕生秩父でブー!」
玉川太福(浪曲) :第2話「上野掛け取り動物園」 
神田鯉栄(講談) :第3話「流山の決闘(任侠流山動物園)」

201608240805240dds.jpg

笑二・寸志ねたまわし 9/19 両国亭

お互いのネタを交換して
ネタおろし
たっぷりな会でした。
もっとお客さん入ってもいい

立川仮面女子 新聞記事

立川笑二 真田小僧

立川寸志 宿屋の富

富くじ(宝くじ)の楽しみ方を教えてもらったような気がする

仲入り

立川寸志 のめる

立川笑二 景清

笑いの多い景清。
もちろん全体的には人情噺。
万雷の拍手で幕。


この記事を読んで笑二さんをもっと聴かなきゃって思った。
http://kugaraku.jimdo.com/第9回ご予約受付中/立川笑二-独占インタビュー-1/

一茶・ミルクの会 9/12  新宿・無何有

こういうわかりにくい会場に行くの好きなんだ。

しかしながら場所がわかってしまえば、便利だわ。
JR新宿の東南口から5分かかるかどうかというところ。

客席はゆったりとした入り。

三遊亭美るく  狸札

春風亭一左   あくび指南

仲入り

春風亭一左  転宅

三遊亭美るく  千葉棒鱈

よく笑ったな。
落語を聴いたってかんじのする会でした。

立川笑二独演会 8/19 広小路亭


あとひといきで満席。

前回から約一か月の出来事のマクラ。

立川笑二 青菜

立川笑二 耳たぶいらない

仲入り

立川笑二 不動坊

笑二さん、噺の中に入り込んでいたように見えた。
すばらしい。

牡丹灯籠 リレー公演 7/16 神楽坂・赤城神社・あかぎホール


4日公演の三日目です。
この噺の舞台の一つ飯島家は、今回の会場の近くなのだ。

入場時に人物相関図が配られる、なにしろ登場人物が多い
連続して来場する人も多いためか
チラシはテーブルに置かれていて
欲しい人が持っていく方式。

まずは前回までのあらすじ

一龍斎貞鏡 「二夜までのあらすじ」

あらすじを別枠でやっていただくと
よくわかる。
相関図を見ながら。

蜃気楼龍玉 孝助の槍

龍玉さんはほんと、怪談がぴったり。
怪談を演じるために生まれてきたのだ。
まだこの人の滑稽噺は聞いたことがない

仲入り

隅田川馬石 栗橋宿

馬石さんもいい味を出している。
兄弟弟子でリレー公演。
すばらしい。

011-009premium_omote.jpg

春風亭昇々ひとり会 7/6 なかの芸能小劇場


ビックリ!
こんなに女子比率の高い会は初めてです。
目の届く範囲では9割が女性でした。

春風亭昇々 粗忽長屋

入船亭小辰 転宅

ひとり会とは言ってもゲストありで
小辰さん。

春風亭昇々 ディア・パパ

仲入り

春風亭昇々 不動坊

どんな噺でも笑いを仕掛けてくる昇々さん
たくさん笑えますな。

「真夏の怪談 牡丹灯籠リレー公演」【予定】

7月9日(土)、7月10日(日)、7月16日(土)、7月17日(日)
「真夏の怪談 牡丹灯籠リレー公演」 
011-009premium_omote.jpg

出演:隅田川馬石、蜃気楼龍玉、一龍斎貞鏡
番組:7月9日(土)初夜 「牡丹灯籠とは」貞鏡、「刀屋」龍玉、「お露新三郎」馬石
   7月10日(日)第二夜 「初夜のあらすじ」貞鏡、「お札はがし」馬石、「お国源次郎」龍玉
   7月16日(土)第三夜 「第二夜までのあらすじ」貞鏡、「孝助の槍」龍玉、「栗橋宿」馬石
   7月17日(日)最終夜 「第三夜までのあらすじ」貞鏡、「関口屋」馬石、「大団円」龍玉   
開演:各夜18:00 
開場:各夜17:30       
料金:各夜¥3000 (全席自由)