プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

馬の骨

第2部第4編錯乱2父の家で
フョードルがイワンの事を、
「いったいどこの馬の骨だ」
---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【馬の骨】
素姓がわからずつきあうに値しないやつ
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--
馬の骨はすっかり信頼を失っている。

★応援クリックお願いします。  

いったい何があったのだろう?

スポンサーサイト

THEME:読書 | GENRE:本・雑誌 |

COMMENT

「馬の骨」になったなら・・・

【馬の骨】 :「素姓がわからずつきあうに値しないやつ 」との解釈は、「馬」には、かなり失礼だと思います。勝手に、人間(日本人だけ?)が、付けた言葉なのに・・・。

「馬」は、人間に「家畜化」された動物なので、人間より劣るものとして、バカにしたのでしょうか?
又は、解釈通り、「馬の骨」になったなら、「馬」の元のしなやかな皮膚等、元の「馬」自身が想像付かず、「訳が分からない!」ことを、率直に言い表したのでしょうか?

・・・「<何々(動物)>の骨」でも良かったはずですが、昔から、「馬」は、人間(日本人?)にとって、親しく、身近な存在だが、「骨」になると、「素姓がわからず」、親しみも湧かない存在となる、と言いたかった、のかも知れません。


私の想像では、どこかに馬の骨がたくさん散乱している場所があって、どれが自分の馬の骨なのかわからなくなったのかななんて思いますが
たぶん違うでしょうね

EDIT COMMENT

非公開コメント