プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

未遂

カラマーゾフの兄弟
3編の4、熱い心の告白--一口話の形で
ドミートリーは、カテリーナが取りに来ればお金を貸してあげると言った。
中佐は役所から即刻返金するように言われ、自殺を図る。
---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【未遂】
悪い事をやりかけたが、結果的には目的を達成しなかった事
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--
長女のアガーフィアが発見し、事なきを得た。
そして、カテリーナがドミートリーのところへ現れた。
かなり緊張している。
★応援クリックお願いします。  

父のためあるいは一族のために、自分をささげる覚悟でやってきたわけだ。
ドミートリーはどうするのか?

スポンサーサイト

COMMENT

カラマーゾフの兄弟・・・

「カラマーゾフの兄弟」は、高校2年(?)の時に、新潮文庫の全巻(5巻?)、買いましたが、1、2巻(?)まで読み、3巻(?)の途中で、その人間関係の複雑さと、ドストエフスキーの独特の長文の言い回し(訳も多少問題かもしれませんが・・・。但し、ロシア語は分かりませんし、ドストエフスキーの独特の長文の言い回し(?)の日本語の訳は、かなり難しいと思いますが・・・、)に、疲れ、読まないままで、途中放棄し、その後、続きを読もうとしましたが、とうとう、大学時代、「カラマーゾフの兄弟」の解説を読んでしまい、途中と、最終巻の最後近くを読みました。

もう一度、読む価値のある本とは、思っています。

光文社のこの新訳は、読みやすいです。
といいつつもまだ1巻目でひっかかって居ますが、
本は3巻まで買ってあります。
4巻目は5月に出そうです。

昔の古典(名著)等の新訳について

確かに、昔の古典(名著)等の新訳が、最近、多く出ています。
読みやすくなり、返って、新訳の方が、名訳(文)との意見は聞いています。
(「昔は、その道の専門家でなくても、その外国語を知っているだけで、訳しただけ」で、「誤訳が多かった」事や、
「外国語(原作)に、忠実で、難しく翻訳して、返って、分かりずらくなった」事や、「<現代の日本人に分かりやすく訳した方が、返って、原作者の真意が通じる>の名翻訳(古典)本も多くある」等の事は、聞いています・・・。)
光文社の新訳は、「読みやすい」との事ですが・・・、
訳者の名前(原・・?)は、今(自宅に居ないし、)、思い出せませんが、
旧訳者のドストエフスキーの本を何冊か、読んで、そんなに訳(者)と波長が合わない訳ではないので、まだ、階段の本箱に置いています・・・。

http://stavrovsky.blog.ocn.ne.jp/cafe_mayakovsky/
光文社の訳者は亀山郁夫さんです。
このかたのブログを読むと「カラ兄」を読む気持ちがわいてきます。

亀山郁夫さんのブログ

<光文社の訳者は亀山郁夫さんです。
このかたのブログを読むと「カラ兄」を読む気持ちがわいてきます。>

亀山郁夫さんのブログ読みました。
「カラ兄」への、並々ならない気持ち、感じました。


EDIT COMMENT

非公開コメント