プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

加賀見山旧錦絵 5/28 国立劇場・小

加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)
 筑摩川の段
 又助住家の段
 草履打の段
 廊下の段
 長局の段
 奥庭の段

人形の動きの面白みが少しわかってきたような気がする。

うなる太棹!宗助さんの迫力、人間国宝鶴澤寛治の静謐。

太夫さんたちのつばが飛ぶ。

私の中で文楽がよくなってきた。


(主な出演者)
豊竹 咲太夫
豊竹 呂勢太夫
鶴澤 寛治
竹澤 宗助
鶴澤 清治
吉田 簑助
H29-05bunraku-hon-omote.jpg
スポンサーサイト

シャボテン公園のハシビロコウ 5/21

ここを訪れたのはビルに会うためです。
来園36年を迎えるハシビロコウのビルおじさんです。
ハシビロコウに会える場所はそう多くはありません
ここシャボテン公園と上野動物園、千葉市動物園。
私はこれで3か所制覇を達成しました!


DSCN1137.jpg

シャボテン公園のクジャク 5/21

ここはたいていの動物が放し飼いで
知らないうちに背後にくじゃくがいたりします。
クジャクがたくさんいるのですが、羽根を広げるのはめったに見ることができません。
ところが!
どうでしょう!
DSCN1154.jpg

矢来町土曜早朝寄席 5/20 新潮講座神楽坂教室

突然思い立って、笑二三の会に行く。

立川笑二 転失気 

これは「笑二さんの転失気」というべき
転失気が盃ではなく○○!

立川笑二 天狗裁き

仲入り

立川笑二 景清

笑いを多く入れているけどそれでもやっぱり
景清だから、人情噺。
この噺は笑二さんが齢を重ねていくにつれて味が出てくるのだろう。

神田阿久鯉の会 5/20 らくごカフェ


渦につづき阿久鯉姉さんを聴く。

田辺いちか 牛若丸

神田阿久鯉 柳沢昇進録 序・生い立ち

色々とおもしろい勉強になるマクラ。
前座のころ、一門がおそわる宮本武蔵はなぜか教わらずに
この柳沢昇進録を教わったそうだ。

仲入り

神田阿久鯉 柳沢昇進録 2 隆光易占

神田阿久鯉 柳沢昇進録 3 お歌合わせ

なかなかに面白い噺だ。
次回につづく。
よい講談会だ。もっとお客さんは行ってもいい

次回7月22日

岩合光昭写真展「ねこの京都」 5/13 日本橋三越


いまや日本中で知らない人はいない猫写真の岩合さん。

美しい猫写真を堪能しました。

おっどろいたのは見終わった後にある物販コーナーです。

これほどたくさんの猫グッズに出会ったのは初めてです。

猫好きが腰を抜かしそうな勢いでございました。
PAP_0002 (2)


PAP_0004.jpg
記念写真のコーナーでは
係りの人がシャッターを押してくださいます。
招き猫のポーズで撮影できます

茶の湯展 5/7 東京国立博物館・平成館


曜変天目茶碗が今日までの展示というので
行ってきました。
展示会は6/4までつづきます。
5/17,13:30からは白酒師匠が井戸の茶碗をするようです。
(入場者は無料)

音声ガイドは昇太師匠がやってまして、
落語の茶の湯についてもちょっとしゃべってます。

茶の湯好きにはたまらない展示会でございます。

渦39 漢渦 4/30 しもきた空間リバティ

入場前に讃岐うどんで腹ごしらえをしたんでございます。
そしたら1席目、奈々福さんが石松代参。
石松が代参するのは金毘羅さんです。
相性の良さを感じます。

玉川奈々福 清水次郎長伝 ~石松代参
曲師:沢村豊子

神田阿久鯉 天明白波伝 むささびの三次

阿久鯉姉さんは2回目ですが初回はもうずいぶん前のことになります。
行こう行こうと思いつつ、なかなか機会がなかったのは
なぜだろう。
迫力ある講談とおもしろいおしゃべりで楽しませてもらいました。

李政美 唄。
ピアノ:竹田裕美子
なんというジャンルにしたらよいのか。
韓国の唄や、自作の唄。

0428.jpg