プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

2015 印象に残った落語・講談・演劇・コントなど

一年を振り返ってみた。

一月 春風亭昇々 そうおん! 
昇々さんの面白さを発見した!

二月 劇団・民藝 ヒトジチ  
中地美佐子さんに圧倒された。

三月 立川笑二 饅頭怖い 
プチ人情噺入りの饅頭怖いすばらしい。

四月 シルブプレ 高円寺大道芸
アドリブがすばらしい。

五月 山口とも 廃品打楽器演奏
この人は天才ですね、たぶん

六月 熱海五郎一座 プリティウーマンの勝手にボディガード 
コメディの王道です、三宅さん

七月 だるま食堂 べサメ・コント・ムーチョ  
いつも大笑いさせてくれます。

八月 青年座 外交官 
野木さんの戦争ものはいい!

九月 立川吉笑 約百物語
吉笑さんは独特の世界を作っている

十月 立川笑二 大工調べ
気合入ってました。

十一月 ダメじゃん小出 (鉄道トーク)
爆買列車に感服した。

十二月 神田松之丞 中村仲蔵
熱演です。
    柳家さん喬 芝浜
じっくり楽しみました。
スポンサーサイト

完全なるチェックメイト 12/27 日比谷・シネシャンテ

伝記を読んでいたので興味深く、観に行った。
天才と○○は紙一重なのだ。

天才になったら、苦労しますな。
天才は傍から見ているほうが楽しい。

ほぼ満席


だるまの 毛inのげシャーレ~その13本目~ 12/20 にぎわい座


16:00からの部に参加しました
だるま食堂のライブです。
少し空席がありました。

第1部
コント

10大ニュースかるた

ケーキ屋

その他

~休憩~

第2部


クリスマスにちなんだ歌たくさん


anc.サンバ!

e7702e59fd998c439df5fa6995f7daa31.jpg

柳家さん喬独演会 12/19 三鷹市芸術文化センター・星のホール


夜の部に出かけました。
すっかり寒い日です。
こういう日は芝浜でしょうか。

会場に入るとまだ昼の部が熱演中の様子。
だが、演目は貼りだされている。
トリネタは掛取りだ。

こうなると夜のトリはますます芝浜ではないかと
期待が膨らむ。

やはり年末には芝浜を聴かないと。

満員です。

おなじみ、森元さんの諸注意アナウンスから
客席はなごみはじめる。

柳家小はぜ 平林

柳家喬の字 動物園

時事ネタをたくさん盛り込んでいる。

柳家さん喬 初天神
      八五郎出世

この会は3席と決めているらしい。
でも昼夜で6席は大変そう。
初天神は凧揚げまでみっちり。

~仲入り

林家あずみ 三味線で唄と漫談

柳家さん喬 芝浜

最後のセリフのときドキドキしてしまうのは
なぜだろう。

たっぷり3時間20分。
充実の独演会。

次回:2016年7月30日(土)
発売:4月中旬

松之丞ひとり~夢成金  12/12 内幸町ホール

完売だけど少し空席。
やはり指定席で完売はどうしても都合悪くなって
これなくなる人が出てくる。

雷門音助 たらちね

わたしは落語です。
講談の前座が落語というのはいいね。

神田松之丞 ボロ忠売り出し ~天保水滸伝

仲入り

神田松之丞 中村仲蔵

約1時間たっぷり。
聴くたびに工夫されている。
この噺は進化している。

l_1441959915.jpg

次回3月18日(金)
12/14より発売

しんうら寄席 12/12 浦安市民プラザ・小ホール



会場入り口には派手な衣装をつけた
おばさん、
いや、お姉さんたちが何やら準備している
市民ホールならではの情景。

三遊亭あおもり  子ほめ

三遊亭白鳥 千葉棒鱈

美るくさんが棒鱈をやっているのを見て
女性がやるには無理があると、改作を勧めたら
「師匠、作ってください。」
それで美るくさんの出身地を取り入れて
この素晴らしい噺ができたそうだ。

大阪でやっても結構うけたんだと。


~仲入り

三遊亭白鳥 隅田川母娘

赤坂に住むアイコちゃんとお母さんのマサコさんの噺。
これ以上は書けません。

84-180.jpg

根岸庵律女  民藝 12/6 三越劇場


ここは会場自体が芸術的。
ほぼ満員です。
2階席だけど、全体が見えて悪くない。

客席最前列をつぶして花道的に使っている。
おもしろい。

正岡 律(子規の妹・のちに裁縫教師)中地美佐子
正岡八重(律の母)奈良岡朋子
正岡子規(律の兄・俳人)齊藤尊史
正岡雅夫(律の養子)大中耀洋
衣川登代(子規の弟子)桜井明美
衣川謙一(登代の息子)吉田正朗

休憩後の舞台に大きな桜!
お見事。

民藝のお芝居はいつも舞台セットがすばらしい。
flyer_201512negishianritsujoL.jpg