プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男



『実験落語neo~シブヤ炎上まつり~』
日程:2017年4月29日(土祝) 17時開演
会場:CBGKシブゲキ!!
(渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム6F)
[出演者]
三遊亭円丈
柳家さん喬 
桂雀々
林家彦いち
玉川太福(曲師 玉川みね子)
料金:前売・当日とも 3,800円(全席指定・税込)
一般発売:2017年3月18日(土)10:00~ チケットぴあ
unnamed.jpg

新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

11月の印象に残った噺

11月の落語にいった回数はやや少なめ。

柳家はん治 背中で老いてる唐獅子牡丹 古典芸能を楽しむ会--11/7

三遊亭白鳥 トキそば   古典芸能を楽しむ会--11/7

三遊亭亜郎  宗論    浅草演芸ホール 11月下席 昼-11/23

続きを読む

スポンサーサイト

第115回不動院寄席---11/28

久しぶりの六本木。
早く着いてしまったので仏前の一階でボーっとしていた。
静かである。

立川らく次 夢の酒
立川志ら乃 三軒長屋(上)
仲入り
立川 こしら 王子の狐
立川 志ら乃 紙入れ
大近況大会 こしら.志ら乃.らく次

こしら休場のはずだったのに。。いる。
オーディションを受けに行っていたが落選したので早く終わって
来れたのだと。
志ら乃面白い。三軒長屋は難しいらしいが、
この噺すきなんだ、通してききたいね。

道順を写真とっておいた。

六本木不動院への道順

ttawa
ロアビルの前のファミリーマートのところを入る
fmato
正面にトイレがあるのでその横の細い道を行く
wc

続きを読む

三十にして立つ。

子曰く、
吾れ十有五にして学に志ざす。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳従う。
七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

孔子が云う、
「私は十五才で(学問の道に入ろうと)決めた。
三十才で(学問に対する自分なりの基礎)を確立した。
四十才で戸惑うことがなくなった。
五十才で天命を悟った。
六十で何を聞いても動じなくなった。
七十になってからは、心のおもむくままに行動しても、道理に違うことがなくなった」と。


【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【立つ】
一、足でからだをまっすぐに支えた状態を保つ。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

浅草演芸ホール---11月下席 昼-11/23

前座がまたしても志ん坊!よくあたるね今年5度目くらいだね
今日は前座がもう一人!初高座のはら生。
しかしながら無限落語でもう見たことあるね はら生。


asakusa224


古今亭志ん坊 手紙無筆
三遊亭はら生 穴子でからぬけ

三遊亭亜郎  宗論
柳家さん喬  真田小僧
近藤志げる
三遊亭玉々丈 味噌豆
柳家さん吉  漫談
すず風にゃん子金魚
入船亭扇遊 子ほめ
柳家小さん  代り目
仙三郎社中
古今亭志ん五 無精床
(退場)

亜郎さんは元劇団四季にいただけあるね。
シーザースクライスト・・・を踊ってしまいましたね。
さん喬師の時赤ん坊がぐずっていた、さすがに師匠うまくあしらって
退場してもらった。赤ん坊にはまだ早いよ、寄席は。

続きを読む

倦むこと無かれ。

子路、政を問う。子曰く、これに先んじこれを労す。益を請う。曰く、倦むこと無かれ。

子路が政治について質問した。先生が答えられた。「人民の先頭に立って労働し、人民の苦労を労わるのだ。」
子路はもっと役に立つ助言を求めた。先生は言われた。「飽きることなく続けることが大事だ。」


【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【倦む】
[同じ状態が続いて]飽きる(疲れる)。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

THEME:文明・文化&思想 | GENRE:学問・文化・芸術 |

立川流夜席---上野広小路亭-11/14

こはるさんは談春門下らしくなめらかに言い立てる。

立川こはる 金明竹
立川平林  平林
立川談修  長短
立川談之助 お国訛り
桂文字助  越の海勇蔵
---仲入り---
立川志雲  八五郎坊主
立川左談次 町内の若い衆
立川ぜん馬 味噌倉

平林さんは談志師匠のお気に入り?
亡くなった文都師匠をネタにしてしまうような「毒」のようなものを持ち合わせている
ところが気に入られているのかもしれない。

tate.jpg

続きを読む

国立演芸場---11月中席-11/14


新しい緞帳になってから初めて。
色合いが明るすぎるような気がするが、これから汚れがついて
丁度よくなるのであろうか?

三遊亭小笑 やかん
春風亭鹿の子 松山鏡
一矢  漫談
三遊亭遊之介 ふぐ鍋
新山 ひでや・やすこ 漫才
三遊亭小円右 酢豆腐
----仲入り----
ケン正木  奇術
山遊亭金太郎 ぜんざい公社
林家今丸 紙きり
春風亭小柳枝 抜け雀

やすこさんの舞台での笑いは素の笑いのように見えるけど、どうなのだろう。
美空ひばりさんの歌を替え歌で歌う。やすこさん上手だ。

koku.jpg

続きを読む

こしらの集い---日本橋亭--11/11

会場に入るといつもより多くイスがセットされている。
そして約70席が満席になった。
漫画雑誌のモーニングにこしらの記事が載ったおかげのようだ。
こしらはいつもはこの1/4だと言っていたが、
実際は半分くらいは入っていたと思う。

立川 こしら 豆屋
----仲入り----
立川 こしら 壷算

前半のマクラは雑誌に載った話
からいろいろ
後半のマクラはDSヒット機改良型の披露
残念ながら起動せず!

豆屋は初めてきく噺。こしらは比較的聴く機会の少ない噺をやってくれる。
今調べたら筋はほぼ古典のまま。

壷算はかなり改作されている。

続きを読む

古典芸能を楽しむ会---日本橋亭--11/7

いや~、笑った笑った!
こんなに笑った会は今年随一だね。

宝井琴柑 (村越茂助・左七文字)
鈴々舎わか馬 ガーコン
柳家はん治 背中で老いてる唐獅子牡丹
----仲入り----
ナイツ
三遊亭白鳥 トキそば

わか馬さんのガーコン、思っていたよりすばらしい。
戦争のころが想像できる。
はん治さんの十八番、唐獅子・・何度きいても笑える。
白鳥師昼の会で人間国宝の人たちの講演の中に混ざって
トキそばをやったらぜんぜん受けなかったと嘆いていた。
そして、もう一度ここでトキそば!
うけまっくた!
客層によってぜんぜん違うのだ、恐ろしい。

続きを読む

池袋演芸場11/3

笑海さんの金明竹は2度目3度目と段々ゆっくりになっていく
普通と違う工夫がされている。
自分としては今日一番よかったのはとん馬師匠の稽古屋かな。
初めてきいたということもあるけど鳴り物入りで上品さがでていいかんじ。

昼の部
桂翔丸 (ガイコツ語)
昔昔亭笑海 金明竹
鏡味健二郎 太神楽
古今亭今輔 (お菓子の城)
三遊亭とん馬 稽古屋(鳴り物入り)
林家今丸  紙きり
古今亭寿輔 親子酒
三遊亭遊三 ぱぴぷぺぽ
----仲入り----
マジックジェミー
神田紫  山内一豊出世の馬揃え
雷門助六 虱茶屋
東 京太・ゆめ子  漫才
柳亭楽輔 ねずみ

夜の部

春風亭昇也 たらちね
春風亭鹿の子 動物園

(退場)

虱茶屋、(お菓子の城)も初めて。
鹿の子さん、アサヒしか飲まないビール好きのキリン!いいね

続きを読む

両国寄席11/1

円楽師匠追悼の意味もあり両国に行ってみた。

三遊亭鳳笑 子ほめ
三遊亭大楽 円楽師匠との噺
三遊亭遊史郎 幇間腹
三遊亭鳳志 親子酒
三遊亭全楽 長短
三遊亭喜八楽 真田小僧
----仲入り----
三遊亭道楽 かぼちゃ屋
有紀天香  マジック
三遊亭円橘 蒟蒻問答

喜八楽さんの真田小僧は「真田」の部分を聴くことができた。

続きを読む