プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男



『実験落語neo~シブヤ炎上まつり~』
日程:2017年4月29日(土祝) 17時開演
会場:CBGKシブゲキ!!
(渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム6F)
[出演者]
三遊亭円丈
柳家さん喬 
桂雀々
林家彦いち
玉川太福(曲師 玉川みね子)
料金:前売・当日とも 3,800円(全席指定・税込)
一般発売:2017年3月18日(土)10:00~ チケットぴあ
unnamed.jpg

新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

10月の印象に残った噺

10月の印象に残った噺
*古今亭駒次  鉄道戦国絵巻 10/26 第18回恵比寿エコー寄席
*古今亭駒次  禁酒番屋 10/17 第16回赤坂寄席----古今亭駒次勉強会
* 柳家小ゑん  片棒 10/11 第23回無限落語
*柳家小三治  湯屋番 10/5 鈴本演芸場10月上席 夜
スポンサーサイト

吾日に吾が身を三省す

吾日に吾が身を三省す。人の為に謀りて忠ならざる

か。朋友と交りて信ならざるか。習わざるを伝えしか。」


社名の「三省堂」は中国の古典『論語』の「学而篇」の一節「吾日三省吾身」(われ日にわが身を三省す)
という言葉から採られたもので、「不忠、不信、不習について、日に幾度となくわが身を省みる」
という意味です。
『論語』の「三省」は「さんせい」と読みますが社名は1889(明治22)年までは「SANSHODO」と表記していました。1890(明治23)年以降は「SANSEIDO」と表記しています。
【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【三省】
日に三度(何べんも)自分のしたことを反省すること
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--


★応援クリックお願いします。  

続きを読む

君子は争うところなし


子曰く、君子は争うところなし。必ずや射か。揖譲して升下し、而して飲ましむ。その争いや君子なり。

君子は一切の争いをしない。争うのはせいぜい射撃競技ぐらいのものだ。
堂にのぼるときも、堂からおりるときも、たがいに会釈かわして先をゆずりあう。
試合が終わると、勝者が敗者に罰杯をさし出す。この争いなら君子にふさわしい。

【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【君子】
些細なことに感情を動かしたり誘惑にあって自分の初志を
見失ったり困難に出くわしてくじけたりすることのない
理想的な人格者。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

第18回恵比寿エコー寄席

雨模様だけど、満席!

古今亭だん五 初天神
古今亭駒次  鉄道戦国絵巻
古今亭志ん五  へっつい幽霊
仲入り
笑組  漫才~南京玉すだれ
古今亭志ん丸  お茶汲み

鉄道戦国絵巻が聴きたくて予約した。
客席を笑いの渦が呑みこんだ。
東急 VS JR。
関が原のような合戦が繰り広げられる。
裏切り者はどこにでもいるのか。

池上線はたまに乗るからね。
洗足池は花見のときはすごいんだたしかに。

わたしが家紋を知らないようにへっついがわからない人も
結構いるのではないかと思った。

笑組さんの南京玉簾。よいものをみせてもらった。


続きを読む

第4回三田落語会


じっくり聴く。

春風亭朝呂久 転失気
桃月庵白酒  金明竹
春風亭一之輔   茶の湯
仲入り
春風亭一之輔   提灯屋
桃月庵白酒  木乃伊(みいら)とり

「提灯屋」と  「木乃伊(みいら)とり」は初めて。
落語事典を調べても出ていない、この本に出ていないということがあるのだろうか?
新作ではないのだ。Googleで検索してみたらなんと、「木乃伊」はミイラと読むのだそうだ。
落語事典を「きのい」でひいていたから載っていなかったのだ。
提灯屋は家紋がわからないと笑えないところがある。
しかしながらそこで多くの人が笑っていた。こんなに家紋のことを知っている人がいるのだろうか?

5_mita


続きを読む

人生ゲーム

人生ゲーム チューリップ



走れ!ムーン号/チューリップ

続きを読む

予は一以て之を貫く。名言365日々是論語--10/21

子日わく、賜や、なんじはわれを以て多く学びてこれをしる者と為すか。こたえて日く、しかり、非なるか。非なり。予は一以て之を貫く。


孔子が子貢に向かって、「賜よ、お前は私のことを沢山学んで何でもよく知っている物知り人間と思っているか?」と尋ねた。子貢は、「はい、そう思いますが。違いますか?」と云った。孔子は、「違う!私の人生は一つの使命で貫かれているんだよ」と答えた。


【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

ひとつのことをひたすらやっているうちにいろいろなことがわかる様になったのじゃ

続きを読む

衆これを好むも必ず察す。名言365--10/20


子曰わく、衆(しゅう)これを悪(にく)むも必ず察し、衆これを好むも必ず察す。


「大勢が嫌うからといって、自分で確認せずに鵜呑みにすべきではない。大勢が好むからといって、自分で確認せずに鵜呑みにすべきではない。」


【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

続きを読む

コンビーフを教えてくれた

傷だらけの天使

続きを読む

第16回赤坂寄席----古今亭駒次勉強会

3席全部ネタおろし!

古今亭駒次  新聞記事
古今亭駒次  (転勤命令)鉄道もの新作
仲入り
林家楽一   紙きり
古今亭駒次  禁酒番屋

駒次さん珍しい事件の記事をを切り抜きをしている。
珍事件紹介のマクラから新聞記事。

鉄道ものは、初代ステンレス車両の栄光と挫折。
いま、武蔵野線で働いているがアルゼンチンへの転勤を命じられる。
そして。。。

楽一さんはまだ寄席に出ていない、新鮮な若手
正楽師匠の弟子だ。それなりに切りまくっている。
弟子の芸をみると、あらためて正楽師匠のうまさがわかる。

禁酒番屋は酔っ払いの演じ方が見どころか。
なかなか面白かった。

続きを読む

少年A 

少年A 泉谷しげる

続きを読む

是を 賊と なす 名言365--10/16

原壌 夷して 俟つ。子 曰く、
『幼に して 孫弟ならず、長じて 述ぶる なく、老いて 死せず。是を 賊と なす。』と。
杖を 以て 其の 脛を 叩く。


無為にすごしてはいけないということ?

【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子
---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【賊】
[どろぼう]の意の漢語的表現。
国家の秩序を乱すもの。反逆者。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

名言365--10/15

子、曰わく、由(ゆう)よ、
女(なんじ)にこれを知ることを誨(おし)えんか。
これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らずと為せ、
是れ知るなり。


知っていることと知らないことを自覚するということ?

【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

続きを読む

獅子てんや・瀬戸わんや

なつかしい。

続きを読む

名言365----10/14

子張、禄(ろく)を干(もと)めんことを學ぶ。
子、曰わく、
多く聞きて疑わしきをかき、愼しみて其の餘りを言えば、
則ちとがめすくなし。
多く見てあやうきをかき、愼しみて其の餘りを行なえば、
則ち悔くいすくなし。
言にとがめすくなく行(こう)に悔すくなければ
禄(ろく)は其のうちに在り。


よい仕事をすればお金は後からついてくる、


【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子】

続きを読む

名言365----10/13

子,公冶長(こうやちょう)をいう、妻(めあわ)すべきなり。
縲絏(るいせつ)の中に在りといえども、その罪にあらざるなりと。
その子をもってこれに妻(めあわ)す。

公冶長は犯罪者として捕まっていたが、無罪なのだからと、
娘を嫁にやった。


---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【めあわせる】
[女性と男性と]結婚させる。
→娶る。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  



【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子】

続きを読む

第23回無限落語----お江戸日本橋亭

今回もたっぷり楽しませてもらった。

三遊亭はら生
三遊亭円丈  強情灸
柳家小ゑん  片棒
三遊亭天どん 通信簿
仲入り
柳家小ゑん  グリコ少年
三遊亭円丈  カランコロン


こゑん師の片棒、鉄がいい味を出していた。
山車のからくり人形もよかった。筋は古典のまま。

こゑん師、武蔵小山の東急ストアでグリコを買ってきた!

続きを読む

舞台挨拶----柳家三三


弟子入りの話、志ん朝と小三治のちがいについて。

続きを読む

舞台挨拶----柳家小三治

なんとなく検索していたら小三治師匠な挨拶があた。

続きを読む

文七元結----シネマ歌舞伎

勘三郎いいね。
もう、とにかくいいんだ。
mottoi


本物の歌舞伎ではみれない表情が大きくみえるので。
シネマ歌舞伎も捨てたもんじゃないね。

2000円で見れるし。
もっとたくさんの演目を作ってほしいね。

続きを読む

THEME:観劇・劇評 | GENRE:学問・文化・芸術 |

【予約】国立演芸場----11月中席

国立は予約できるというべきか、予約しなければいけないというべきか。
予約しなくても入れるかも知れないが、前のほうで観ようとすれば予約すべき。

お目当ては、鹿の子さん、ひでややすこさん、小柳枝師匠。

kokuritu

続きを読む

名言365----10/9

FM東京で今週から始まった。「名言365」神田京子さんが論語を紹介する。
4:55からで、ぼんやりしていると、あっという間に終わってしまう。

京子さんは講釈師なのでほかのパーソナリティとはひと味ちがう。

今日の言葉。

『子曰く、これを知る者は、これを好む者に如かず。これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。』

楽しんでことにあたれば 力を発揮できる、というようなことか。

もう一度きくことができないので不便だ。カセットテープを買ってきて録音しようか?
いまあるラジカセではカセットテープにしか録音できない。
mp3に録音したりできないかな?


続きを読む

ファンクス×ブッチャー、シーク 1977世界オープンタッグ

一番記憶に残っているプロレス。


続きを読む

THEME:プロレス | GENRE:スポーツ |

こしらの集い----お江戸日本橋亭(きのうのつづき)

立川 こしら 王子の狐
立川 こしら 小言幸兵衛


50席用意されたうち7,8割の入り。
台風が迫っていたわりには普段どおりの入り。

王子の狐ははじめてきく噺だったのでこういうものかと思っていたが
筋を調べたら、この噺も後半はごっそり改作されていた。
たぬき登場したのだ!

続きを読む

第9回 こしらの集い----お江戸日本橋亭

細かい話しだけど「立川」と「こしら」の間にスペースをいれないと こしらの こ が に に見えてしまう。

立川 こしら 王子の狐
立川 こしら 小言幸兵衛

こしらの小言幸兵衛は 「こしら版小言幸兵衛」というべきか
仕立て屋が来てからの噺がごっそり改作されている。
古典をそのままやるより面白い噺になっているように思うが?
こしらが作ったのだろうか?
不動院寄席ではいろいろ実験的なことをやっているみたい。
11月は土曜だから行ってみようか?


続きを読む

岸柳島----古今亭志ん生

名人!



続きを見るは画面をクリックし、「2」を選ぶ

続きを読む

干物箱----古今亭志ん朝



続きを見るは画面をクリックし、「2」を選ぶ

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【声色】
物を言う際のその人独特の声質や抑揚、間の取り方や言い回しなど
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

鈴本演芸場10月上席 夜----10月5日

鈴本演芸場10月上席 夜----10月5日

途中入場
桂南喬 短命

仲入り

林家正楽 紙きり
柳家〆治 お菊の皿
花島世津子 マジック
柳家小三治  湯屋番

小三治師匠今日ののマクラは乾電池の話
ラジカセに使う乾電池はメーカーによって音が違うらしい。
パナソニックのなんとかいうちょっと値段の高いのが
一番いい音が出るらしい。
そしていきなり若旦那の話がはじまり、湯屋番。
師匠。表情だけで、多くを語ってしまうようなところがいい。

南喬師、こないだ浅草で聞いたのと同じマクラ、
(四十九日で野ざらしをやった。)から短命。
同じ噺を同じ人でこんな短期間に聞くのはめずらしい。
しかし今日は短命の訳の説明を特定の人を見つめてやるようなことは
なかった。(気のせいだったかもしれないが)これぞという人がいなかったのだろうか。

続きを読む

壺算----古今亭駒次

3円+3円=6円 なのだ。
聞いていると不思議と騙されそうになる。

続きを読む

お前のサンダル

かぐや姫

続きを読む