プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

天動説

ロシア人の3割が天動説を信じているらしいこれはたんに科学的に無知だとかたずける問題ではなく、信仰によるものではないかとも思う。いや、やっぱり科学的な知識が乏しいのだ。
---------------新明解国語辞典--第五版------(三省堂)---
【天動説】
地球は宇宙の中心に静止し、諸天体がその周囲を運行するという説。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--
魔法を信じる事も悪くはないと思うが。
★応援クリックお願いします。  

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:ロシア語 | GENRE:学問・文化・芸術 |

濃い霧の日。
前1mが見えないほどの霧。
たまにはいいね。

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【霧】
微細な水滴が煙のように立ち込めて地表をおおう現象。
平地では秋に多い
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

【星】---新明解天文台

-----------------第五版--------------------------------
【星】
晴れた夜空に瞬くように光り輝く天体
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

星といえば、巨人の星だね、飛雄馬が子供のとき、あの空にひときわ輝く巨人の星になるんだって、父一徹に洗脳されていたね。

その巨人はいまや、あんまりたいしたこと無くなって、かわいそうな気もするね。


続きを読む

THEME:「なんとなく」で買っちゃった。 | GENRE:本・雑誌 |

【月面】---新明解天文台

月面といえば、やはり塚原サンだろう。
モントリオールのオリンピックで披露したらしいです。
いまだに、どういう動きなのかはっきりわかりませんな。
-----------------第四版--------------------------------

【月面】

月の表面。
[地球で言えば地面にあたるところ]「月面着陸」
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--


続きを読む

THEME:新明解国語辞典 | GENRE:本・雑誌 |

【月見】---新明解天文台

そうか、月見は何も決められた日にしなくてもいいんだよね。
月の美しさを楽しむ。風流だね。
双眼鏡で見ても目がつぶれることもないしね。

------------------第五版--------------------------------
【月見】月の美しさをながめて楽しむこと。観月。
[狭義では陰暦八月十五日と九月十三日の夜のそれをさす]
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

観月というのは、月見という意味だったのだね。

続きを読む

【月】---新明解天文台

月曜日は天体の勉強をしよう。

------------------第四版--------------------------------
【月】地球の衛星。太陽の光を受けて(夜)輝く。
太陽に対する位置によって種々の形を見せながら約一ヶ月で
地球を一周する。「月とすっぽん[ひどく実質の違っているたとえ]」
「月にムラ雲、花に風[よい状態は長続きしないたとえ]」
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--
ああ、まだすっぽんを食べたことがないんだ。
このままじゃ死んでも死に切れん。

続きを読む