プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

9月定例公演 9/16 国立能楽堂


狂言:萩大名

萩の花を見物に来た田舎の大名は庭の亭主に和歌を所望されます。太郎冠者に教えられたとおり歌を詠もうとしますが…。
石田幸雄
野村萬斎

楽しい演目でした。
萬斎さんの声すばらしい。

能:黒塚

陸奥の安達ヶ原の侘しい一つ家で糸を紡ぐ女。宿を乞うた旅の山伏一行は閨(ねや)を決して覗くなと言い渡されますが…。
後半、鬼女と山伏の緊迫した攻防が展開します。
髙橋 忍(金春流)

能は初めてです。
楽しめる場面もありましたが
正直なところ、眠くなりました。
座席の前に字幕画面があるのですが
使われている言葉がむかしのものなので
理解がむずかしいですね。

現代語に訳した字幕ならもっと
わかりやすいかな。
スポンサーサイト

狂言の会 4/29 国立能楽堂


★墨塗(すみぬり)

茂山七五三
茂山千三郎
茂山あきら

水を目につけて泣いたふりをする女
水を墨にすりかえる太郎冠者・・・


★野老(ところ)

野村万蔵
野村萬
野村太一郎

野老とは山芋の一種。
食べられた野老の精が現れる。
旅僧が供養する


★髭櫓(ひげやぐら)

山本東次郎
山本則孝
山本凜太郎ほか

立派な髭を持つ男。
この髭のせいで夫婦喧嘩
妻は近所の女をつれ槍や長刀で攻撃・・・

現代狂言IX「狂言とコントが結婚したら?」 2/8 国立能楽堂

いったん家に帰ってラグビーを見る。
帝京大xNEC。
接戦で面白い試合だった。
2回戦も楽しみ。

夜の部は国立能楽堂へ
ナンちゃんさんの現代狂言。
古典の狂言とは全く違う客層。

古典狂言「棒縛(ぼうしばり)」

南原清隆
野村万蔵
平子悟

古典狂言「茸(くさびら)」

石井康太
三浦祐介
佐藤弘道
ほか

人がきのこを演じる。
きのこの増殖させてしまう山伏

古典はプロの狂言よりわかりやすかった。


仲入り

新作狂言「ことだま交差点」作:南原清隆  演出:野村万蔵/南原清隆

現代の言葉の調査に神が下りてくる。

genkyo.jpg

狂言の会 1/29 国立能楽堂


何度目かの狂言だけど、今回はすごく楽しみ。
なぜだかわからないけど。

狂言 鴈礫(がんつぶて)   大藏 彌太郎(大蔵流)ほか

弓の下手な大名が鴈を狙うも、
誰かが石つぶてを投げて討ち取りあっさりもっていかれてしまう・・・

狂言 千鳥(ちどり)    山本 則俊(大蔵流)ほか

ツケのたまった酒屋に金を持たずに
酒をもらいに行く太郎冠者。

休憩

狂言 賽の目(さいのめ)   野村 萬斎(和泉流)ほか

名家の旦那が娘に算術に長けた婿をもらおうと募集すると・・・

萬斎さんはひとり次元の違うところにいる。
すばらしい。

蝋燭の灯りによる 狂言の会 11/27 国立能楽堂




<月間特集・鬼の世界>
蝋燭の灯りによる

狂言 杭か人か(くいかひとか)  

三宅右近(和泉流)
三宅近成

狂言 鬼の継子(おにのままこ)  

茂山あきら(大蔵流)
茂山逸平

狂言 鬮罪人(くじざいにん)   

山本東次郎(大蔵流)
山本則俊
山本則孝
...

電気のない時代はろうそくだったのだ。
よい企画だ

FJ310525.jpg
FJ310519.jpg

1月狂言の会 1/25 国立能楽堂

松脂

シテ:山本則俊

まつやにやにや と囃していると松脂の精が登場!

連歌盗人

シテ:三宅右近

連歌の会の資金がない!
盗みに入った先で・・・

茶子味梅
シテ:野村萬斎

横浜狂言堂  横浜能楽堂普及公演 5/9

はじめての狂言。
歴史のありそうな舞台。


禁野(きんや) シテ 山本泰太郎
休憩
箕被(みかずき) シテ 山本東次郎
お話し 山本東次郎
舞   山本東次郎

お話しで説明していただいたので初めてながら
狂言の深みのようなものを感じることができた。

続きを読む