プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

剛毅木訥仁に近し

剛毅木訥仁に近し(ごうきぼくとつじんにちかし)
意志が強く、多少のことにはへこたれず、不器用で飾り気がないのは、人間としての道を心得た仁に近い。

【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

続きを読む

スポンサーサイト

馬を問わず

厩焚。子退朝。曰、傷人。不問馬。


厩焚けたり。子、朝より退く。曰く、
「人を傷えるか。」と。馬を問わず。
うまややけたり。し、ちょうよりしりぞく。いわく、
「ひとをそこなえるか。」と。うまをとわず。

孔子の家の厩が火事で焼けた。朝廷から退いた孔子は、
「人にケガはなかったか。」と言ったが、馬のことは
問わなかった。

【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【馬屋】
馬を飼っておく小屋(厩とも書く)。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

三十にして立つ。

子曰く、
吾れ十有五にして学に志ざす。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳従う。
七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

孔子が云う、
「私は十五才で(学問の道に入ろうと)決めた。
三十才で(学問に対する自分なりの基礎)を確立した。
四十才で戸惑うことがなくなった。
五十才で天命を悟った。
六十で何を聞いても動じなくなった。
七十になってからは、心のおもむくままに行動しても、道理に違うことがなくなった」と。


【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【立つ】
一、足でからだをまっすぐに支えた状態を保つ。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

倦むこと無かれ。

子路、政を問う。子曰く、これに先んじこれを労す。益を請う。曰く、倦むこと無かれ。

子路が政治について質問した。先生が答えられた。「人民の先頭に立って労働し、人民の苦労を労わるのだ。」
子路はもっと役に立つ助言を求めた。先生は言われた。「飽きることなく続けることが大事だ。」


【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【倦む】
[同じ状態が続いて]飽きる(疲れる)。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

THEME:文明・文化&思想 | GENRE:学問・文化・芸術 |

吾日に吾が身を三省す

吾日に吾が身を三省す。人の為に謀りて忠ならざる

か。朋友と交りて信ならざるか。習わざるを伝えしか。」


社名の「三省堂」は中国の古典『論語』の「学而篇」の一節「吾日三省吾身」(われ日にわが身を三省す)
という言葉から採られたもので、「不忠、不信、不習について、日に幾度となくわが身を省みる」
という意味です。
『論語』の「三省」は「さんせい」と読みますが社名は1889(明治22)年までは「SANSHODO」と表記していました。1890(明治23)年以降は「SANSEIDO」と表記しています。
【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【三省】
日に三度(何べんも)自分のしたことを反省すること
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--


★応援クリックお願いします。  

続きを読む

君子は争うところなし


子曰く、君子は争うところなし。必ずや射か。揖譲して升下し、而して飲ましむ。その争いや君子なり。

君子は一切の争いをしない。争うのはせいぜい射撃競技ぐらいのものだ。
堂にのぼるときも、堂からおりるときも、たがいに会釈かわして先をゆずりあう。
試合が終わると、勝者が敗者に罰杯をさし出す。この争いなら君子にふさわしい。

【名言365日々是論語-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【君子】
些細なことに感情を動かしたり誘惑にあって自分の初志を
見失ったり困難に出くわしてくじけたりすることのない
理想的な人格者。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

予は一以て之を貫く。名言365日々是論語--10/21

子日わく、賜や、なんじはわれを以て多く学びてこれをしる者と為すか。こたえて日く、しかり、非なるか。非なり。予は一以て之を貫く。


孔子が子貢に向かって、「賜よ、お前は私のことを沢山学んで何でもよく知っている物知り人間と思っているか?」と尋ねた。子貢は、「はい、そう思いますが。違いますか?」と云った。孔子は、「違う!私の人生は一つの使命で貫かれているんだよ」と答えた。


【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

ひとつのことをひたすらやっているうちにいろいろなことがわかる様になったのじゃ

続きを読む

衆これを好むも必ず察す。名言365--10/20


子曰わく、衆(しゅう)これを悪(にく)むも必ず察し、衆これを好むも必ず察す。


「大勢が嫌うからといって、自分で確認せずに鵜呑みにすべきではない。大勢が好むからといって、自分で確認せずに鵜呑みにすべきではない。」


【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

続きを読む

是を 賊と なす 名言365--10/16

原壌 夷して 俟つ。子 曰く、
『幼に して 孫弟ならず、長じて 述ぶる なく、老いて 死せず。是を 賊と なす。』と。
杖を 以て 其の 脛を 叩く。


無為にすごしてはいけないということ?

【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子
---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【賊】
[どろぼう]の意の漢語的表現。
国家の秩序を乱すもの。反逆者。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--

★応援クリックお願いします。  

続きを読む

名言365--10/15

子、曰わく、由(ゆう)よ、
女(なんじ)にこれを知ることを誨(おし)えんか。
これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らずと為せ、
是れ知るなり。


知っていることと知らないことを自覚するということ?

【名言365-FM東京(火水木金-4:55)-神田京子

続きを読む