プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

【マスク】---前に座った人

きょうは、小柄な女性、餅田丸子さん(仮名)
だぶん20代。
---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【マスク】
三、[風邪の病菌の吸入・放出を防ぐために]鼻・口をおおうもの
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--
大きなマスクをしているので年代ははっきり分からないが、小柄でぽっっちゃりした人。
座席に座り、足首を普通にすると足が浮いてしまう、そのためつま先を下げて足をつけている。

続きを読む

スポンサーサイト

【冷える】---前に座った人

きょうは、ご夫婦。
30歳前後。山田光男さんとかね子さん(仮名)
---------------新明解国語辞典--第五版------(三省堂)---
【冷える】
一、冷たく(寒く)なる。またそう感じる。
二、時間がたったりして、それまで密接であった気持ち・状態
がマイナスの方向に傾く。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--
だんなのほうは茶髪気味。
終始携帯に熱中している。会話がない。
冷え切った関係なのだろうか?

続きを読む

THEME:夫婦の会話 | GENRE:結婚・家庭生活 |

【痙攣】---前に座った人

30代前半、稲田久夫さん(仮名)
見事に眠っている。
口がぽっかり開いている。
---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【痙攣】
筋肉が病的に収縮すること。ひきつり。
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--
口元が痙攣した!
ああっ、
足も痙攣した!

電車でこんなに完璧に睡眠する人はあまりいない。

続きを読む

THEME:健康管理 | GENRE:ヘルス・ダイエット |

【寝癖】---前に座った人

新しいシリーズを始めてみる。
れいによっていつまで続くか分からないが。
---------------新明解国語辞典--第四版------(三省堂)---
【寝癖】
一、押し付けて寝たために髪の形がくずれたり、寝てから
よく動いたりする関係でシーツがよれよれになったりすること。
二、寝てばかりいる悪い癖
--------------------------------------------------------
--新明解国語辞典--
今日前に座ったのは長身の青年。20代半ば
竹本和正くん(仮名)
上着と靴がうぐいす色、ズボンが黒でなかなか清潔感が漂っている。
いまどき珍しい若者。
しかし、髪の毛が激しい寝癖に見える

続きを読む

THEME:モノの見方、考え方。 | GENRE:心と身体 |