プロフィール

辞書男

Author:辞書男
辞書を読みながら少し理屈をこねたい男


【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】 三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th_kari.jpg 【会場】サンシャイン劇場
【料金】(全席指定・税込)
<●初日ステージ>
 S席6,000円/A席5,000円
<◇平日ステージ>
 S席6,500円/A席5,800円
<★土日ステージ>
 S席7,000円/A席6,500円
<S/A子供券>
 3,000円
※お取扱いはチケットぴあのみ。
※小学1~6年生対象。保護者同伴の場合のみ購入可能。
※当日年齢を証明できるものをご持参ください。
<アンダー25当日券>
 3,500円
※中学生~25歳以下対象。
※平日限定、年齢を証明できるものをご持参ください。
※お席の指定はできません。数に限りがございます。


新世紀浪曲大全「玉川太福 Tamagawa Daifuku 2016」
CqomlURUIAEa_z7-1-thumbnail2.jpg
[収録時間]DVD 119分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売元]株式会社クエスト
[発売日]2016年9月17日(土)
[収録内容]
「地べたの二人 おかず交換」(22:05 / 2016.3.18.浪曲協会)
 太福interview(13:35)
「国本武春物語」(35:49 / 2016.3.18.浪曲協会)
「任侠流山動物園 流山の決闘」(40:16 / 2016.4.23.井荻会館)
 太福interview(5:20)
 



神田松之丞DVD9ffa88d4-s.jpg
[商品名]講談師 神田松之丞
[収録時間]109分
[価格]3,456円(本体 3,200円+税)
[発売日]2015年4月18日(土)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

無名塾の公演

仲代さんの舞台を一度は見ておきたいと思った。
もちろんもっと長く現役でやっていただいて何度もみに行きたいのだが

無名塾
「肝っ玉おっ母と子供たち」
命と家族を描く壮大な反戦劇に
仲代演じる肝っ玉おっ母で
今こそ、無名塾がふたたび挑む!
第6回 能登演劇堂ロングラン公演
 2017年10月14日(土)〜11月12日(日)能登演劇堂
東京公演
 2018年3月28日(水)〜4月5日(木)世田谷パブリックシアター
thumb-kimottama-noto-omote.png


2017 無名塾 稽古場公演
「ベルナルダ・アルバの家」
凶弾に倒れた奇才ロルカの最期の作品、『ベルナルダ・アルバの家』。 独裁政治の影が見え隠れするスペインの、ある家族の話・・・

2017年11月23日(木・祝)~12月3日(日)仲代劇堂
flyer-BernardaAlba-thumb.png

スポンサーサイト

三峰神社---総集編

いきなり総集編で失礼します。
紅葉の残る秩父の山をくねくね登ったところに三峰神社がありした。
近頃パワースポットとして人気なんだそうです
わたくしそんな事とは知らずに行きました、ごめんなさい。
そして意外なものを見つけました
chi-kouyo.jpg
chi-mitu.jpg
銅製の鳥居には、塩原太助の名前が刻まれていました。(落語では多助)
ここだけこすられて光っているのは落語ファンがこすったのでしょうか?
chi-dou.jpg
chi-tasuke.jpg
そしてヤマトタケルの像の近くには、極真カラテの創始者大山倍達師の碑がございました
このあたりで山籠もりされていたのでしょうか
chi-masuoyama.jpg

第1回 玉川太福 木馬亭独演会 11/4 

記念すべき第一回!120席が満席です!

地べたの二人 玉川太福 曲師:玉川みね子

聴くたびに変化していくこの噺。
将来古典になるか??

鹿島の棒祭り ~天保水滸伝
        玉川太福 曲師:玉川みね子

仲入り

ちんどん演奏  ちんどん月島宣伝社

太福さんの生い立ちをちんどんで、

若き日の大浦兼武 玉川太福 曲師:玉川みね子

武春師からもらったというこの噺
初めて聞くがすごく面白い噺だった。


次回12月2日(土)~当日のみ

パリ・オペラ座「白鳥の湖」11/4 TOHOシネマズ日本橋


デュポンさんの出演者へのインタビューが入っている。
やっぱりバレエといえばこの演目だ
66056e_c0e262f9c9844976b8b335f8b5528145~mv2

スタッフ
芸術監督オーレリ・デュポン
映像監督フランソワ・ルシヨン
台本ウラジミール・ペギチェフワシリー・ゲルツァー
振付ルドルフ・ヌレエフ
照明ビニシオ・シェリ
装置エツィオ・フリジェリオ
音楽ピョートル・チャイコフスキー
指揮ベロ・パーン
演奏パリ・オペラ座管弦楽団

キャスト
アマンディーヌ・アルビッソン オデット/オディール
マチュー・ガニオ ジークフリート王子
フランソワ・アルミ ロットバルト
ステファニー・ロンベルグ 王妃

クレジットにオニール八菜さんの名前があったように見えたが
どうだろう?

カジノシティをぶっとばせ ~丁半コマ揃いました~ 10/22 池袋サンシャインシアター

劇団スーパー・エキセントリック・シアター第55回本公演
カジノシティをぶっとばせ ~丁半コマ揃いました~ 
【作】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【出演】
三宅裕司 小倉久寛
劇団スーパー・エキセントリック・シアター
closeup_55th.jpg

「見に来てくれた人が、明日からの糧となるような公演でありたい」
と三宅さん。
まさにその通りの抱腹絶倒な芝居でした。
人として生まれてきたからには三宅さんの公演を見なければなるまい。

拍手が鳴りやまず予定外の3回目のカーテンコールありで盛り上がった。

矢来町土曜早朝寄席 10/7 新潮講座神楽坂教室


当日のみでいつもそんなに混まないので
気軽に参加できます。

三遊亭美るく 紀州
三遊亭美るく 大安売り

この噺途中までのことが結構あり、
なぜ「大安売り」なのかよくわからなかったんだけど
今日は最後までやってくれた。

仲入り

三遊亭美るく 時そば

最初のそばのすすり方がおとなしかったので
これは女性の噺家さんだから上品にやっているのかと思ったけど
どうもそうではなく、後半のすすりかたを際立たせるためだったんた、きっと

次回 11月25日 笑福亭羽光
次々回 12月2日 三遊亭兼太郎

池田学展 10/1 日本橋・高島屋

開店10:30に入ったが8階まで普通にエスカレータでいったら
なんと
長蛇の列!
みなさん血まなこになって走って並んだんでしょうか

いちばん感動したのはmeltdownという作品
原発のメルトダウンと極地の氷が解けるメルトダウンを一枚の絵にしてしまった
この発想はなかなかできないなぁ
この絵は載ってないけど
ほかにもたくさん素晴らしい絵が展示されています
HPで見るだけでもすばらしい。
https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/special_event/ikeda/index.html

興亡史(HP用)
興亡史

おクジラさま 9/25 渋谷・ユーロスペース

MainVisual-1.jpg


副題が「ふたつの正義の物語」

獲る側も反対する側もそれぞれの正義があるということか

反対するほうはドルフィンとよび、獲るほうはクジラというところが
面白い。
じっさいに現在、太地町で獲っているのはイルカに近い
しかしながらイルカはくじらの小さいほうの種類なので
どちらも間違いではない。

6年の歳月をかけて作られた映画で
細かいところまでしっかり取材されている。

双方を話し合いの場につかせたのが右翼団体なのがまた
すごい。

太福萬福 9/16 らくごカフェ


かなり間が開いてしまいました
腰を痛めてしまい、パソコンから遠ざかっておりました。

玉川太福 石松代参 ~清水次郎長伝
曲師:玉川みね子
坂本頼光  血煙荒神山
坂本頼光  国定忠治

仲入り

頼光×太福 トーク
玉川太福 山形屋乗り込み ~国定忠治
曲師:玉川みね子
頼光さんは活弁士、トークでは古いフィルムを集める
苦労を語る。

九月文楽公演 9/10 国立劇場・小

生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)

 宇治川蛍狩りの段

開演後舞台には蛍が舞う(たぶんLED)
作り物とはいえ情緒を感じる
蛍狩りの場で、深雪と、宮城阿曾次郎の出会い


 明石浦船別れの段

意に反して互いに別の方向に旅立ってしまう。

床の脇の戸が開いて奥で琴の演奏。
この手法は初めて見た。

 浜松小屋の段

筵の小屋が興味をそそる。
サンダーバード2号が抱えるコンテナのような形。
残念ながら中での生活の様子は無し。

 嶋田宿笑い薬の段

笑いが止まらなくなるのは恐ろしいことだ。
咲太夫さんの笑いがすばらしい。

 宿屋の段

この段は人形の琴演奏が見ものか

 大井川の段

大井川まで曾次郎を追ってきた深雪だが、
増水で足止めを食う。
深雪は絶望感から自害しようとする

おいおいちょっとまで死んだら終わりだ
ここは水が引くのを待ちながら
目の養生をするがよかろう。
と思った。

残念ながら省略されている段がある。
すべて通しで見てみたい話だ。

h29-9bunraku-honchirashi-omote(1).jpg